自分自身の日常で起こった出来事や思い出を綴りながら、   時々、攻め腐男子かつタチな自分が気に入ったBLコミックやBL小説、PCBLゲーム(18禁)についてコメントする。   そして、自分のお気に入りやお勧めBLをリストにしたりする  ブログです。
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:00:39
Another Real BL
  Startin'の知り合い(掲載の承諾を貰ったもの)や
  外で見掛けた(この場合は知らない人)など、
  身の周りで、起こった本当にあったBLです(名前のみ変えます)。
  こちらは、Startin'の妄想を含む話もあれば、かなり重たい話もあります。


  「Another Real BLの記事ですから、気分が優れない、
   不快感や苦痛を覚える方は読まない事をお薦め致します。
   また、これ以外の種類の記事になった時には
   このブログに訪れてください。」
  よろしくお願い致します。
  お読みになって気分が悪くなられても、
  こちらでは一切責任をとりませんので、ご了承ください。


読みたいという方は、以下の箇所をクリックしてください。
前記事の続きです。
前記事「Another BL ~壊したくなかった友情 Vol.1~」を
お読みになってから、ご覧ください。


公開自習室に来るんじゃなかった。
そこは、もはや勉強の場でも、
仲良くお喋り&飲食の場でもなかった。
H.Nくんと彼を囲むギャル男系な男達4人。
一目で友人で集まってるだけでない事はわかる。
「おいおい、なんでホモが教室に混じってるのか気になってたんだよ。」
「久し振りだな、H.N。男漁り(おとこあさり)?」
「いや、男誘ってんじゃねぇの? セックス好きそうだもんね、H.N。」
「淫らしい、俺達が触ってやろうか?」
ギャル男達は、H.Nくんに言いたい放題言ってました。
それをじっと耐えてるH.Nくん。
周りでは、興味津々で、目も耳も彼らの方へ傾けてる人、
この場から逃げようと自分の勉強道具を片付け始めた人。
でも、助けようとする人は一人も居なかった。


このままじゃ、危険な気がして、咄嗟に俺は、
「H.N、先生が捜してるから、至急教務室に。」
と嘘を言って、彼を連れ、先生や職員の目の届く場所へ避難。
(この時、正直怖かった)。
H.Nくんに言ってたギャル男達が居ない事を確認して、
予備校を出て、かなり早歩きで、駅へ直行。
電車に乗りながら、彼に事情を聞くと、
H.Nくんの話によれば、彼らはH.Nくんの高校の同級生だそうで、
どうやら、H.Nくんに嫌がらせをする人らしい。
でも、それ以上は俺に話してくれなかった。


翌日から事態は急変はしなかったものの、
少し教室内の空気が変わり始めた。
噂は除々に広まり、H.Nくんの居場所はなくなりつつ、
さらに、ギャル男4人も積極的にH.Nくんをからかったり、
他の人に噂を流したり、もう彼らのやりたい放題という感じでした。
周りも賛同するかの如く、H.Nくんに嫌悪や侮蔑の視線。
そして、いつもH.Nくんの傍に居る俺に対しても、
その視線は向くようになり、しまいには、
「あの人(←おそらく俺の事)もH.Nのお仲間?」
「素晴らしきおホモだち。」
など、この他にもっと過激な発言もあったのですが、それはカットします。


でも、H.Nの近くに居る俺の事が気に入らないのか、
俺が自習してる自習室の出入口に偶然、彼らのうち2人が。
一瞬、嫌だな、少し恐いなとも思ったんですが、
そんな事で怯んでる場合でもなかったので、
素通りしようとすると、話しかけられ(正確には俺がガン見してしまいました)、
「お仲間○○、H.Nとどういう関係?
 オマエも知ってるだろ? アイツの事も、狙われてるんじゃなぇの?
 それとも、知っててお付き合い?」
「友達です。それに、複数人でよってたかって、
 卑怯な事言う方々の方がよっぽど問題だと思いますが。」
と言い返しました。この時、教職員の目が届く場所で、
人もたくさん居たというのもあって、強気になれました。
また、実家からかなり離れた場所にある予備校だったというのも
少し勇気の加担になってました。


この日は、この後、アニメやドラマのように、
影で待たれてリンチとかというピンチになる事もなく、過ごせました。
だけど、この後も日々、H.Nくんへの嫌がらせはエスカレート。
俺もその飛び火がかかったり、俺の悪口で盛り上がる人も出てくる始末。
もう教室に行く度に、苦労勃発でした。


翌日、H.Nくんから話しかけられました。
「もう、関わらないで。」
「えっ?」
「もう、俺やアイツらに関わるな。Startin'まで、酷い目に遭う。
 教室でも、Startin'の事もたくさん噂されてるよ。」
「関係ないじゃん、どーせ嘘ばっかなんだから。」
「お前はわかってない、こういう状況を。俺は噂されてる通り、ゲイだ。
 一緒に居れば、お前に対しても色んな嫌がらせが起こる。」
「それは関係ない。友達だし、関係ない(←俺は自分の事を暴露しませんでした)。」
「だから、逃げて欲しいんだ。
 俺(←H.Nくん)、お前(←Startin')に会えてよかった。ありがとう。」


この発言を聞いて言葉をなくしてしまった俺は、
ただ去って行く彼の後ろ姿を見守る事しかできなかった。
この日、俺に予備校側から通知が来て、
成績アップが理由でクラスの変動(昇格)通知が。
この後、その事も話した上で、メールで色々話し合って、
彼の意見を尊重する事にした。


金曜日、彼と目が合ったけど、彼の隣の席には座らなかった。
そこへ来たホモフォビアな彼ら4人は、
俺にH.Nくんの事について、訊いてきた。
「アイツとお仲間んじゃないの?」
しばらく、シカトしてる俺に対し、
「アイツの裏事情を知って嫌になったのか?」
と訊かれ、
「ち、(違うって叫びたかった)」。
でも、H.Nくんと目が合って、彼は俺を見て、ゆっくり首を左右に振っていた。
その様子を見て、俺は
「そう。」
と言った。その様子を見て、H.Nくんは穏やかな顔で
「それでいいんだ」
と口パクで言った。そんな彼を見て、俺は泣きそうだったけど、堪えた。
H.Nくんの方が辛かった筈だから。


翌週月曜日、俺は1ランク上のクラスに。
俺はただただ、自分の行為は間違ってたんじゃないかと反省してた。
H.Nくんは元気にしてるだろうか。
でも、先週のメールで、絶対来るなと言われたのも手伝って、
結局行けないでいる。
もう蝉の亡骸が見つかる季節。
俺も自分の事をH.Nくんに話してれば、また違ったかもしれない。
でも、結局、彼を救う事も守る事もできないで、放してしまった。
蝉の鳴き声が、H.Nくんの泣き声に思えて切ない......。


かなりの日数分の日記をここまで要約しながら、
あの時の事を思い出して、涙がこぼれそうになりました。
どうして、自分の事も話さなかったのだろう。
どうして、(皆さんご存じの)親友たちに相談しなかったのだろう。
どうして、H.Nくんに言われたとおり、
メールすらもしないで過ごしてしまったのだろう。
そして、ホモフォビアの人達はどうして、隔離しようとするのだろう。
H.Nくんの味方をしようとした人には、4人で半ば脅しだった。
嫌いなだけならともかく、なんで相手を一人ぼっちにさせる必要があるのか
俺にはわからない。


そして、今週の月曜日、俺がH.Nくんの立場になるかもしれない事態に。
(2つ前の記事「こういう時も冷静に」参照)。
やっぱり輪舞ってあるのかな。
他の解決策が出せない&ピンチな状況になったら、
俺は、セクシャリティーに偏見のないノンケの友人を
バッシングから守るために、
捨てなきゃいけないのかもしれない。
大学内で初めて、本当に友達って思えた人だから。


コメント
No title
こっそり仲を継続する事だってできた筈なのに、
完全に断ち切ってしまったのは、
Startin'さんにも少しだけ良くないように思えた。

俺は、ゲイバッシングに遭った経験があるからか、
H.Nさんの視点で考えながら読んだよ。
でも、Startin'さんにはメシア(救世主)キャラな部分があるように感じた。
助けに来てくれるような人だからこそ、彼はなんとか守りたかったのかもしれない。
俺の高校時代に俺を助けに来る人なんていなかったから、
H.NさんはStartin'さんのおかげで救われたと思うよ。

誰かを助けに行くのは大変。
だけど、それができるStartin'さんを親友くんが好きになる理由がわかったよ。

Secret of 腐男子│URL│2009/06/19(Fri)07:04:55│ 編集
忘れながら覚えてて
書こうか迷って書いてなかったけど、やっぱりコメントしようかな。
私が感じた事に、その人達は受験勉強のストレスをH.Nさんに八つ当たりして
発散してた弱い人達だと思う。

それにセクシャリティは生得的なものと調べてわかった。
その人達は誰かを貶めることでしか、精神を保てない人間。

スターティンさんの優しさが見えたり隠れたりする文章を読んで、
思った事を書くと、忘れてあげて。
でも、H.Nさんとはずっと友達で居てって言いたいです。
なんか矛盾してますが、私はH.Nさんの気持ち少しだけわかったよ。
彼はスターティンさんの事を恨んだり憎んだりしてないよ、きっと。
だから元気出してヾ(^▽^)ノ。

大学の優しい友人さんとの件、複雑そうですが(つд`)、
私は仲良くし続けてれば良いと思う。

香酢│URL│2009/06/20(Sat)15:33:53│ 編集
飛行機雲、低空
こんばんは、Startin'さん、ゆーきです。先日は大量な文章を送りつけてしまったにもかかわらず、しっかりとそれを受けとめていただき、ありがとうございました。(本当に怯まない方なんだなぁ^^)
さらに今のご自分にできる最大限の決断、見事です。(いや、だってなかなか出来ないですよ?頭では理解してても、心が、ね。拒否してくれちゃうんですよね^^;)
私の体調は生憎“不良”なままでして(笑)反抗期なんか自分?
結局びょーいん(←キライ)に行って、医師に薬を処方してもらいました。ただ、なにせ“不調”、なものですから、特効薬はない模様。ま、気長に、気楽にっていうところですv
ですので、今回は自分のヘタレた言葉ではなく、他人の力を借りて←コラァ!! コメント、というかご紹介しようと思いマス。
まず、ホモフォビアという言葉について。「性別が、ない!」という漫画(作者名:新井祥、ぶんか社発行)の4巻、17ページから20ページにちょこっと記載されてます。もうご存じかな?と思いつつ立ち読みしやすいように(笑)ページ数を記載。
あとは今私が聴いている曲をご紹介したいのですが、著作権とかがなんやかんや←バカ。だと思いますので、非公開でコメント送ります

ゆーき│URL│2009/06/20(Sat)21:53:27│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2009/06/20(Sat)22:32:37│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2009/06/21(Sun)09:43:56│ 編集
No title
こんばんは。葎です。
毎日ブログにはきてるけど、言葉がうまく紡げなくてコメントできないヘタレです…。Startin'さんに何を言えばいいのかわからんくて、ずっと悩んでるんやけど、やっぱり何も思いつかない。ので、「見てるよ」ってことだけでも伝えておこうかな、と。「見てるよ」ってなんかストーカーみたいで怖いけど。笑
私は今日、実家から帰ってきました。両親に手を振る時がやっぱり一番さみしいです。

葎│URL│2009/06/21(Sun)21:13:37│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2009/06/21(Sun)23:02:42│ 編集
No title
>Secret of 腐男子さん
こんにちは、色んな事を考えたStartin'です。
確かに良くなかったなと俺も思います。
助けようと思ったというよりは
自然に動けたっていうのが正直な心境です。


最後のメッセージで、なんだか少し自信が持てました。
ありがとう(^_^)。

Startin'│URL│2009/06/23(Tue)17:05:11│ 編集
No title
>香酢さん
こんにちは、もうこんな時間って、1人でびっくりしてるStartin'です。
確かにセクシャリティーって、先天的なものだと、俺も思います。


あのホモフォビアな4人組も可哀相な人間なのかもしれない。
ただ、H.Nくんの事は心配です。
メアドも変わったみたいで、
連絡先がわからなくなってる状況が、ただ悔しい(>_<)。


大学内の友人(セクシャリティーに偏見のないノンケの友人)と、
これからも仲良くやって行きたいです。
優しいコメントありがとう。

Startin'│URL│2009/06/23(Tue)17:12:51│ 編集
No title
>ゆーきさん(=最初の非公開さん)
こんにちは、今日の八王子はかなり暑くて、
少し疲れ気味なStartin'です(> <)。
ゆーきさんご自身の公開コメントで、
コメントの続きを非公になさる事をお書きになられているので、
それも込みで、返事コメントは1つにさせて頂きますn(_ _)n。


「性別が、ない!」という作品、初めて聞きました。
探し出して、読んでみたいです。
巻数とページ数、教えてくださり、ありがとう。


ゆーきさんが教えてくださった歌の歌詞、
俺の心に色々と伝わって来た気がします。
歌詞を読んで、ゆーきさんの気持ちの1ピースなのかな
とも、感じました。


ゆーきさんの風邪が早く治りますように。
俺にちょっとした強さを、
コメントを通して分けてくれてありがとう(^_^)。

Startin'│URL│2009/06/23(Tue)17:23:43│ 編集
No title
>(2番目の)非公開さん
こんばんは、もう夏至が過ぎていた事に気付いたStartin'です。
H.Nくんの行動と優しさに、俺も何度も切なくなりました。


非公開さん(あなた)から教えて頂いた三輪さんの発言を
非公開コメントで読んで、
三輪さんがおっしゃった台詞、その通りだと、俺も思いました。
いつか善行も悪行も返ってくるものだと思う。
温かいコメントありがとうございます(^.^)。

Startin'│URL│2009/06/23(Tue)17:33:16│ 編集
No title
>葎さん
こんばんは、相互リンクしてる方のブログは
ほぼ毎日観てるStartin'です。
葎さんのブログも、ほぼ毎日観てます。
実は、葎さんがもう20日ほど、
更新なさってないので、少し心配でした。


なんとか頑張りたいです。
コメントありがとう(^.^)。

Startin'│URL│2009/06/23(Tue)17:40:05│ 編集
No title
>(最後の)非公開さん
こんばんは、皆さんからの温かいコメントで
救われてるStartin'です。


実は、やっぱり心配で、クラス移動後、
メールをしたんですが、届きませんでした。
おそらく、メアドを変えたんだと思います。
彼の携帯電話にも掛けてみたんですが、
これもつながりませんでした。
ご実家の住所を知らなくて、現在に至ってしまってます。


アドバイスコメントありがとうございますn(_ _)n。

Startin'│URL│2009/06/23(Tue)17:47:21│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://10stars.blog24.fc2.com/tb.php/136-7d3fa86c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Startin'

Author:Startin'
攻め腐男子ブログへようこそ!
自分の日常や思い出、
出来事や心境などと
BLコミックや小説、PCBLゲームについて
語って行きたいです。
よかったら見てください(^o^)。
性別:男(攻め)
年齢:22
BLコミックを読み始めてから
4年が経ちました。

Startin's blog Counter
     心優しい方の数                      (現在 統計カウンター機能→STOP)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
マクロミル
マクロミルへ登録
アンケートに答えてポイントGETしよう! 頻繁にアンケートがくるので、 すぐに貯まります(^o^)/。                  是非、このバナーからご登録を!
げん玉(現金換金率No.1)
クリックだけでも、毎日10ポイントはGETできる! 他にもげん玉電鉄、3万円の館など。 すぐにポイントがたまりやすいので、良かったら、 上のバナーを押してご登録くださいm(_ _)m。
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。